健康維持のために青汁デビュー

今人気の、青汁デビューを果たす人たちってどういう人なのかな、と思っていたら、やはり健康にとっても興味があって、プロポーション維持をしたい、こどもの栄養を考えたい、デトックスにいい、ダイエットにと、人それぞれいろんなパターンがあるということがわかりました。なによりすごいのが、その幅の広さですね。まさに老若男女、すべての人の健康維持に役立つのが青汁なのですね。

それで、多くが、ネットなどの口コミはもちろん、直接の口コミではじめるようになったというケースも多いようです。
友達から、サンプルとして少し譲ってもらったとか、そういうパターンもあるようで、きっと苦いんじゃ?という先入観があって、おそるおそる試してみると、え?これが青汁?今まで考えていたイメージと違う!ということになって、愛用者が増えるのではないかと思いました。

バラエティ番組の罰ゲームでも用いられていたぐらいですから、やっぱり青汁と聞けば、苦くて、まずいし、とても飲めたものではないというイメージが、強いと思います。ですから、実際に飲んでみて、ちょっと甘口、抹茶みたい、麦茶の味もする、なんていうキーワードはぜったい思いつかないと思います。前は、蜂蜜と牛乳を入れて、さらにバナナもいれて、青汁入れてまぜる、という方法もあったようです。
それでも青汁の味が残っていたというのですから、最近の青汁の変革ぶりはすごいですね。