意外においしい青汁ゼリー

夏休みまっただ中ですね。毎日のお子さんの食事やおやつに頭を悩ませているおかあさんに、ぜひおすすめしたいのが、みんな大好き青汁ゼリーです。
青汁?と思う方もいらっしゃると思いますが、青汁の栄養はもちろん、その飲みやすさに注目していただきたいですね。昔は青汁と言えば、苦い、まずいというのが、もっぱらのイメージでしたが、今は、麦茶のような後味だったり、どう味わっても抹茶だったり、すっきりさわやか、軽く甘みのあるものもあります。

これを、ゼリーに入れてもまったく違和感がありません。違和感どころか、おいしいので、みんな喜んで食べてくれます。
青リンゴゼリーと称して、リンゴといっしょにゼリーにしてもおいしいと思います。緑のことは日本では青と言いますから、青汁の青+リンゴゼリーで、青リンゴゼリーと言ってもウソにはなりません。

こどもにウソをつかないようにと、教育に配慮をしているおかあさんも安心です。こどもに詰め寄られたときに、こうせつめいすればよいのです。ウソではないのですから、どうどうと青リンゴゼリーと銘々して、おやつにだすことができるんです。
これで、健康がたもてるんですから、青リンゴゼリーは、ちょっと多めにつくっておいて、毎日3時のおやつにでもだしてみては如何でしょうか。バニラシェーキやアイスにまぜてもおいしいですし、いろんなバリエーションが楽しめます。