こどもや離乳食にも青汁を使おう

青汁の威力が幅広いというのは、驚きました。どちらかというと、中年以降の栄養補助食品だというイメージがあって、父も飲んでいたのですが、酒飲みだから、栄養が偏らないように飲んでいるのかな、ぐらいに思っていました。
ところが、酒飲みの中年男だけに効果があるわけじゃないということが、最近わかって、お恥ずかしい限りです。ビタミンが豊富なので、女性のお肌にもよい、食物繊維もカリウムもたっぷり入っているので、新陳代謝アップにもよいのです。

ですから、離乳食に使える青汁というのもあって、納得です。
青汁なんて、苦くて飲めたもんじゃない、こどもになんてとてもじゃないけど、と私も思っていましたが、なんと最近の青汁って、苦くないんですよ。苦いのも依然あるかと思いますが、ほとんどが、マイルドな味で、ちょっと甘くて、抹茶テイストのものもあって、青汁のイメージはまったくくつがえされてしまいました。

有る意味、嬉しい驚きです。
これなら、こどもにも全く問題なしです。離乳食にまぜても、もう少し大きくなってから、お料理にまぜても、お菓子にまぜても、味でブレーキになることはないでしょう。小さい頃から慣れていると、いろいろな料理に入れてもまったく違和感がないですし、ごくあたりまえのこととして受け入れられると思います。青汁はご家族みんなの健康を助けますね。